溶融塩・熱技術の基礎 - 溶融塩・熱技術研究会

熱技術研究会 熱技術の基礎

Add: ryxose85 - Date: 2020-12-04 22:22:01 - Views: 3347 - Clicks: 5590

8 形態: 313p ; 27cm 著者名: 溶融塩・熱技術研究会 書誌ID: BNISBN:. 溶融塩・熱技術研究会編著 (金属 / アグネ社, &39;93/8特別臨時増刊号) アグネ技術センター, 1993. ヨウユウエン ネツ ギジュツ ノ キソ : ソノ ゲンキョウ ト テンボウ. 溶融塩・熱技術の基礎 / 溶融塩・熱技術研究会編著 Format: Book Scientific Book Published: 東京 : アグネ技術センター, 1993.

The society of molten-salt thermal technology. 溶融塩・熱技術研究会 | HMV&BOOKS online | 溶融塩・熱技術研究会の商品、最新情報が満載!CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う、国内最大級のエンタメ系ECサイトです!. 溶融塩・熱技術の基礎/溶融塩・熱技術研究会(技術・工学・農学)の最新情報・紙の本の購入はhontoで。あらすじ. 溶融塩・熱技術の基礎 / 溶融塩・熱技術研究会編著 資料種別: 図書 東工大目次db 出版情報: 東京 : アグネ技術センター, 1993. 8 形態: 313p ; 27cm 著者名: 溶融塩・熱技術研究会 分担著者名: 沼田, 博雄 isbn:書誌id: bn09645452.

ヨウユウエン ネツ ギジュツ ノ キソ. 8: 大きさ、容量等: 313p ; 27cm: 注記 溶融塩に関する成書およびデータ集: p299. 溶融塩・熱技術の基礎 : その現況と展望. 日本原子力学会「溶融塩技術の原子力への応用」 研究専門委員会の活動 23 ・主査: 山脇道夫(東大名誉教授) ・期間: ~年 ・約50名のメンバー: 学、産、官から ・世界と国内の調査、国際的協力(ans20. Pontaポイント使えます! | 溶融塩・熱技術の基礎 | 溶融塩・熱技術研究会 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. 溶融塩炉とは 第4世代原子炉の一炉型である溶融塩炉(Molten Salt Reactor, MSR)は、核燃料物質を溶融塩に溶解させ.

溶融塩・熱技術の基礎 (日本語) 単行本 – 1999/7/1 溶融塩・熱技術研究会 (著) その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする. 8: 溶融塩・熱技術の基礎 : その現況と展望-溶融塩・熱技術研究会: 1979. 溶融塩(ようゆうえん、英: molten salt )とは、食塩などの陽イオンと陰イオンからなる塩で溶融状態にあるものをいう。 文部省 学術用語集化学編では融解塩ゆうかいえん、英: fused saltを溶融塩と同意とする。.

は じめに 友人との雑談の中で溶融塩の事を話題にとりあげると、「シオ(NaCl)を 溶かして何に使う. 〈研究トピックス〉 「溶 融 塩 」-熱 媒体から溶融塩増殖炉まで-荒 木 信 幸(静 岡大・工) 1. イオン性無機液体(溶融塩)にみられる種々の巨視的性質がどのようにして形成されているのかを、構成イオン集合体の微視的観点から考察し、解説したものである。それによって関係する最先端科学の基礎が理解され、エネルギーや産業の新たなる展望に貢献できるであろう。溶融塩を利用する. 文献「溶融塩の融点および過冷却・凝固挙動」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。. 溶融塩熱技術研究会 国立国会図書館のサービス Online Services at the NDL 以下のリンクボタンから国立国会図書館サーチで検索ができます。. 1, インド ネシア) ・溶融塩炉の再検討、. はじめに 溶融塩は,一般的に,化学的・物理的安定性が高い, 導電率が高い,放射線に対する耐性に富むなどの特徴を.

8: ページ数: 313p: 大きさ: 27cm: ISBN:: NCID: BA※クリックでCiNii Booksを表示. 溶融塩・熱技術の基礎 溶融塩・熱技術研究会 編著 1993年8月10日 初版1刷 ISBNC3043 発行 アグネ技術センター B5判・上製/313頁 定価 ――――(本体価格4,500円+税) →厚さ:20mm,重さ:830g. com で、溶融塩・熱技術の基礎 の役立つカスタマーレビューとレビュー評価をご覧ください。ユーザーの皆様からの正直で公平な製品レビューをお読みください。. その点,フ ッ化物溶融塩はNi合 金で少 なくも1073K(800℃)ま で利用できる. 溶融塩・熱技術研究会, 沼田, 博雄.

溶融塩・熱技術の基礎 - 溶融塩・熱技術研究会 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 第1回 溶融塩・イオン液体の基礎と測定法 ①溶融塩系での電気化学測定~実験技術の基礎~ 辻村 浩行, 伊藤 靖彦 1. ラムにより溶融塩炉の研究を実施。現在は溶融塩燃料炉と溶融塩冷却炉FHRの2案を検討。 フランス 1980 年代に原子力庁cea と電力edf が溶融塩炉の検討を実施。1990年代以降はpu やma の消滅処 理を目的とした溶融塩炉を検討。. 8: ページ数: 313p: 大きさ: 27cm: ISBN:: NCID: BN※クリックでCiNii Booksを表示: 言語: 日本語: 出版国.

7 金属 / アグネ社 &39;93/8特別臨時増刊号. 論文特集 「溶融塩の化学」 ノ ー ト (日本化学会誌,1982,(6),p、1103~TheChemicalSocietyofJapan 溶融塩の熱伝導度に関する一考察 (1981年10月30日 受 理) 朝 比 奈 正*・小 坂岑 雄・峠 田 博史 溶融塊中での熱エネルギーの移動機構としては,振 動エネルギ. 潜 熱 蓄 熱 用 高 温 溶 融 塩 と 金 属 材 料 の 共 存 性 試 験 椎 名 溶融塩・熱技術の基礎 - 溶融塩・熱技術研究会 保顕1,*,栗 木 良郎2 Compatibility Test between Molten Salts for High. 溶融塩・熱技術の基礎 溶融塩・熱技術研究会 編著 1993年8月10日 初版1刷 ISBNC3043 発行 アグネ技術センター B5判・上製/313頁 定価 ――――(本体価格4,500円+税) →厚さ:20mm,重さ:830g. シ ョー ト ・ノー ト. 溶融塩・熱技術の基礎: 著作者等: 溶融塩・熱技術研究会 溶融塩熱技術研究会: 書名ヨミ: ヨウユウエン ネツ ギジュツ ノ キソ: 出版元: アグネ技術センター: 刊行年月: 1993. 8: 溶融塩・熱技術の基礎: 溶融塩・熱技術研究会編著: アグネ技術センター: 1993. 溶融塩・熱技術の基礎, 溶融塩・熱技術研究会編著, 1993 年 8 月, (株)アグネ技術センター発行, B5 判, 315 頁, 4,635 円(本体 4,500 円) 森田 一樹 鐵と鋼 : 日本鐡鋼協會々誌 79(12), N830,.

溶融塩蓄熱の実例紹介 ~蒸気発生装置『『『『蒸気源蒸気源*』』』』~~ *蒸気源はㄎihi 検査計測が製造ヹ販売している製品です。 集光型太陽熱技術研究会第8回研究会 年2月16 日 基盤技術研究所 熱ヹ流体研究邪伝熱g 大塚. 8 Description: 313p ; 27cm Authors: 溶融塩・熱技術研究会 Authors at Tokyo Tech: 沼田, 博雄 ISBN:NCID: BN09645452. 溶融塩・熱技術の基礎: 溶融塩・熱技術研究会 編著: アグネ技術センター: 1993. 溶融塩・熱技術の基礎 フォーマット: 図書 責任表示: 溶融塩・熱技術研究会編著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : アグネ技術センター, 1993. 溶融塩 l溶融塩とは・・・「塩が溶融した液体」 例:NaCl 融点801℃ Øイオンのみからなる Ø室温で液体の塩もある(イオン液体) Ø化学的に安定 Ø電気化学反応を行う媒体として優れる Øほぼ全ての元素を扱うことが可能 Ø液体温度領域が広い. 溶融塩・熱技術の基礎: 著作者等: 溶融塩・熱技術研究会: 書名ヨミ: ヨウユウエン ネツ ギジュツ ノ キソ: 出版元: アグネ技術センター: 刊行年月: 1993. (5)溶融塩炉・トリウム炉の開発状況と計画 (5) Development status and plan of molten salt reactors and thorium reactors *高木 直行1 1東京都市大学 1.

アグネ技術センター 1993. こ れはイォン性液体を支配する相互作用が,大 きさを持っ. 溶融塩・熱技術の基礎: 著者: 溶融塩・熱技術研究会 編著: 著者標目: 溶融塩熱技術研究会: 出版地(国名コード) JP: 出版地: 東京: 出版社: アグネ技術センター: 出版年月日等: 1993. 溶融塩技術のもう1つすぐれた特色は,そ の物理化学 的諸性質の予測が理論的にかなり容易なことである. 3 Thesis/Dissertation 溶融塩電解による金属トリウム製造の基礎的研究. アグネ技術センター, 1993. 溶融塩・熱技術の基礎 - 溶融塩・熱技術研究会 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が.

溶融塩・熱技術研究会, 1979.

溶融塩・熱技術の基礎 - 溶融塩・熱技術研究会

email: ezuwe@gmail.com - phone:(944) 551-6951 x 5063

(2180)ペイジェムマンスリー9(ホワイト) - さんかく 坪田耕三

-> 忠節と知謀で乱世を生き抜いた諸葛孔明 - 堅山忠男
-> LANーInternet - アンドリュー・F. ウォード

溶融塩・熱技術の基礎 - 溶融塩・熱技術研究会 - 釈尊のこころ 松原泰道 松原泰道全集


Sitemap 1

病理学総論にもとづく口腔病理学 - 井上孝 - 形成外科医が語る美容外科の世界